ピルの種類

ピルの種類について。ピルを上手に服用するには、まずピルの種類について知っておく必要があります。ここではトリキュラーなどの低用量ピルとアフターピルについて紹介します。

トリキュラーとヤーズってどんな薬?

トリキュラーとは

トリキュラーは、低用量ピルの1種です。3相性ピルに分類されます。有効成分の量が異なる錠剤が数種類セットになっているのが特長です。

ピルの副作用の多くは、急激なホルモンバランスの変化に、身体が対応できないことで起こります。トリキュラーは、体内のホルモンバランスを緩やかに変化させるため、副作用の出るリスクが低いのです。

体内のホルモンバランスを人為的に整えることで、妊娠をしにくくするほか、生理時の不快な症状を軽減します。正しく服用すれば、ほぼ完全な避妊が可能です。一方、飲み忘れたり、正しい飲み方を守らなかったりすると、失敗率は9%に上がります。

トリキュラーには、1シートに錠剤が21日分入ったものと、28日分入ったものがあります。錠剤は4種類あり、有効成分の量がそれぞれ異なります。錠剤は決められた順番を守って飲むことが重要です。

通常、ピルは21日間服用し、7日間休むといった方法で使われます。28錠タイプは、有効成分の含まれていない錠剤が7錠入っています。これは、休薬期間中も薬を飲む習慣を続けることで、次のシートを飲むのを忘れないようにするためにあります。

トリキュラーは、日本国内で購入できる処方箋薬です。ただし、保険が適用されないため、全額自費で購入する必要があります。

トリキュラーの錠剤には飲む順番がある

トリキュラーは、有効成分の量が違う錠剤が数種類セットになっています。

トリキュラーに含まれている有効成分は、黄体ホルモンの「レボノルゲストレル」と、卵胞ホルモンの「エチニルエストラジオール」です。

レボノルゲストレルは、赤褐色錠に0.050mg、白色錠に0.075mg、淡黄褐色錠に0.125mgが含まれています。エチニルエストラジオールの含有量は、赤褐色錠が0.030mg、白色錠が0.040mg、淡黄褐色錠が0.030mgです。

なお、28錠シートの最後の7錠には、有効成分は含まれていません。最後の7錠は、薬の飲み忘れを防止するためにあります。

トリキュラーを飲み始めるタイミングは、月経初日です。赤褐色錠を6日間、次に白色錠を5日間、最後に淡黄褐色錠を10日間飲みます。28錠は、さらに大きめの白色錠を7日間服用します。

トリキュラーは安全性の高いピルですが、他の薬との飲み合わせには注意が必要です。影響のある薬としては、テトラサイクリン系抗生物質や、ペニシリン系抗生物質があげられます。これらの薬は、腸内の環境に影響を与え、トリキュラーの吸収を低下させてしまうのです。

この他にも影響の出る薬があります。トリキュラーを使うときは、事前に添付文書を読んだり、医師に相談したりしましょう。

ヤーズとは

ヤーズは、月経困難症の治療を主な目的としている低用量ピルです。他のピルに比べて、卵胞ホルモン「エストロゲン」の配合量が低く抑えられているのが特長です。

ヤーズは、日本国内では初めて化学合成黄体ホルモンが使用されています。女性の体内に元々ある黄体ホルモンに近い性質を持つため、副作用などのリスクも軽減されています。

ヤーズの服用期間は24日間です。24日間飲み続けたあとに、4日間、休薬期間をもうけます。

ヤーズは、月経困難症の治療に限り、保険が適用されます。月経困難症とは、月経開始と共に強い生理痛やイライラ、憂鬱などが起こることです。生理のたびにこうした症状が強く出て、日常生活に支障をきたすレベルと医師が判断すれば、月経困難症と診断されます。

ヤーズは副作用が起こりにくい

ヤーズの特長の1つは、科学的に合成された黄体ホルモンの「ドロスピレノン」を配合していることです。

黄体ホルモンは、妊娠中に胎児の成長を促すため、多く分泌されるホルモンです。妊娠しなかった場合でも、胎盤の元になる細胞の成長を促すため、生理周期にともなって増減を繰り返しています。

黄体ホルモンは、胎児の健全な成長や、妊娠の準備といった重要な役割を担っています。しかし一方で、細胞に水分を溜め込むように作用するので、身体がむくみやすくなります。また、皮脂を増加させ、ニキビができやすくなるなど、身体の様々なトラブルの原因にもなるのです。

従来の低用量ピルは、含有されているホルモンが、体内のホルモンとは性質が異なるため、このような副作用が起こりやすいという問題を抱えていました。

これに対して、ヤーズに配合されているドロスピレノンは、本来のホルモンに性質が近く、肌トラブルなどのリスクが軽減されています。さらに卵胞ホルモン「エストロゲン」の量も少ないので、吐き気などの副作用も大きく改善されています。

1日1錠を服用するだけでよく、手軽に継続できるのも、ヤーズのメリットの1つです。

参考サイト:ヤーズの通販
ヤーズの効果や副作用、飲み方から購入方法まで詳しく紹介しているサイトです。

アーカイブ

2019年4月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930